So-net無料ブログ作成
検索選択
《たぁ》6歳0ヶ月《ゆぅ》3歳2ヶ月 ブログトップ

Rub a Dub Dub♪ [《たぁ》6歳0ヶ月《ゆぅ》3歳2ヶ月]

9月から、《ゆぅ》も幼稚園に通いはじめました。
満3歳になったら入れるクラスですが、切りのよい9月からのデビューです。
今のとこ順調にいってます!

タイトル『Rub a Dub Dub♪』は、有名なマザーグースの歌です。
ただ、この歌は結構歌いにくくて・・・
特に、Rub a Dub Dub♪~という言葉、うまく口が回らないんです。

日本語的には
「ラブアダブダブ」
と読めるでしょう。

やや縮めて
「ラバダブダブ」

・・・でも、ワールドワイドキッズイングリッシュ(WKE)に入っている歌は早口で、真似てみようとしてもうまくいきません。
でも歌っているのは、外国人とはいえ人間。
歌詞分かってるんだから私にも歌えるはずなのにどうしてー??

ママが反復練習してると・・・軽快なリズムの歌声が。
《ゆぅ》が歌ってるじゃないですか!!

「《ゆぅ》歌えるよ!ママ上手に歌えないねぇ!」
・・・くっそぉ。

聞いていると
「らばたた!らばたた!」
って感じに言っています。
ああ、そういうリズムになるのね。
「たた」
の箇所は、スペルを知ってる母としては少々納得いきませんので、
「らばだだ」
で落ち着きましょうか。

・・・という一連の経緯があったのですが、今日《たぁ》が《ゆぅ》に
「『らばたた』じゃないでしょ、『らばだだ』でしょ」
と指摘してました。
まぁ、私にはそう言ってるように聞こえたのですが、《たぁ》が最も近い発音ができているように思いました。

『Rub a Dub Dub♪』
ひとつで、これだけ悩み学ぶことができちゃうものでした^^;
コメント(5) 

A Scab on the Knee [《たぁ》6歳0ヶ月《ゆぅ》3歳2ヶ月]

タイトル『A Scab on the Knee』というのは、「ひざのかさぶた」という意味ですが、『Info Trail』というイギリスの教科書で使われている絵本セットの中の一冊になります。

《ゆぅ》は、こけたり傷を見たりするたびに、「A Scab on the Kneeだねぇ・・・」と言います。
別に、そのひざにかさぶたがあるわけではありません。
おケガしちゃった=A Scab on the Kneeという認識になっています^^;

というような記事を先日も書いたのですが、今回はその続き。

有名な『Head Shoulders Knees and Toes』という歌があります。
《ゆぅ》はもちろん歌って踊れます♪
そこで出てくるのは「Knees」という複数形。

《ゆぅ》「昨日遊んだとき○○ちゃん、A Scab on the Kneeしちゃったねぇ・・・」
と言った後、首をかしげながら
「・・・・・・Knees?」

ほう。
気付きましたか、複数形。

このときは疑問に対してさらりと答えてやりましたが、今まであえて説明したことはありません。
気付けることこそ、自主的な学び&成長と考えます。
ちなみに、《たぁ》はとうの昔に複数形に気付いてますから、文法的な感覚が育まれているかどうかという部分で、3歳児と6歳児には差があるのでしょう。

P1080356.jpg
『Info Trail』を読んでる(眺めてる・・・)おチビたち。

最近《ゆぅ》は、書くのが好きです。
P1080295.jpg
もらいものの本で、こんなんまだ書かないよ~と思っていたけど、《ゆぅ》は書くことは好きなんだった。
せっせと数ページ、この調子で書いていきます。
《たぁ》は、字を書くことはずっと好きではなく、代わりに読むことは好きでした。
《ゆぅ》は、こんな風に書くこと好きでも、ちっとも読めません。(アルファベットはわかる)
同じ親の血が流れているんだけどなぁ?

英語、最近あまりやってませんが、すでにちょっとしたスイッチで英語ネタが出てくるので、環境としては定着していていい状態にあるのかと思います。
コメント(0) 
《たぁ》6歳0ヶ月《ゆぅ》3歳2ヶ月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。