So-net無料ブログ作成
検索選択
《たぁ》5歳3ヶ月《ゆぅ》2歳5ヶ月 ブログトップ

英語モードのスイッチ [《たぁ》5歳3ヶ月《ゆぅ》2歳5ヶ月]

英語モードに切り替わる瞬間があります。

《たぁ》「・・・そーだね、《ゆぅ》もああいう・・・」
《ゆぅ》「あーゆー・・・スリーピン♪ Are you sleeping. Brother John~♪」

ささいな会話がきっかけで、ベラベラっと使いはじめます。
特に《ゆぅ》に多いです。

お風呂のときや着替えのときもなぜか英語を使うことが多いのは、着替える自分の体を見てパーツを思い浮かべるから?
色や数、体のパーツなんかは、英語で紹介される頻度も高く、下手すると日本語を上回る理解かもしれません。

Oxford Readin Tree では、「Oh, no!」という表現がオチの場面でよく使われます。
我が家でも、みんなそれぞれ「Oh, no!」という表現を日常で使っていて、日本語に代わる共通表現になっていますが、これを使ったら英語モードのスイッチが入ることもあります。

おチビたちが勝手に英語モードになってくれていればいいのですが、私にも英語モードを振ってきます。
私もいくらかのセンテンスに単語を駆使し、英語ニュアンスでの雰囲気だけは作り出します。
おチビたちにだってできるんだもの。
いくら私の英語レベルがお粗末でも、おチビたちにはまだまだ勝っています。

・・・・
でもやっぱり、脱落するのは私。
おチビたち、どうしてあれだけのデタラメ英語でモードに入れるのでしょう。

それはやっぱり、子供の言語習得の過程だということなんでしょうか。
習得過程の日本語でもデタラメであってもしゃべります。
同じく習得過程の英語ですから、デタラメになんの気のてらいもなくしゃべることができるのかと?

きっとそれって、重要なことなのかなーと思うのです。
日本にいて英会話をマスターするのは、動機付けもなくとてもハードルが高いです。
私はそこを目指すつもりはなく、おチビたちに可能な方法で英語を自然な形で吸収してもらいたいなーという感じです。
なので、発話があるってだけでもとてもうれしい成果なのです。
そしてそれが習得過程であるならなおさら、今後のさらなる成果となっていくのかもしれません。
ならなくたっていいんですけどね。
そこはまだ未知数です。

最近は、英語の上達も目に見えにくいです。
それでも、たとえば今日《ゆぅ》は「I can~」を使ってしゃべってたなぁ・・・とか、
《たぁ》が今日はどんな英文が読めていたなぁ・・・とか、
案外日々マスターしてることってあるみたい。

最近も、相変わらずゆるーいおうち英語で、DVDとORTと車での音楽、たまにCD掛け流しといったとこです。
基本的に、わざわざ英語の時間を設けるというやり方はしてません。
習慣として、朝の幼稚園に行く前のDVD(25分程度)は欠かさないくらいです。
あとは、おチビたちがORTを催促すれば読むし、私がふと思い出せばCDも掛けるけど、CD掛けるのはおチビたちが何かで遊んでいる時間であって英語の時間じゃない。
ORTも絵本の時間であって英語の時間じゃない。
そんな程度でやってます。
わざわざ英語に割く時間を設けないことで、おチビたちにとって負担なく英語が自然な存在となってくれることを目指しています。
無理なくやっていくことで、じんわり長続きさせたいという狙いもちゃーんとあります(笑)

英語モードに切り替われるほど英語に十分親しめているのは、何よりのことです。
兄妹で刺激しあえるのもいいことで、仲良く楽しんでもらいたいものです。
デタラメ英語、歓迎♪
コメント(0) 

読書と趣味と英語 [《たぁ》5歳3ヶ月《ゆぅ》2歳5ヶ月]

P1070511.jpg
こんな格好で読むのはちょっと^^;
でも、読んだことのない絵本を見つけたときは、こんな感じに見つけた場所で食い入って読む《たぁ》なのです。
あ、英文は理解してませんよ?
多分単語の拾い読みやってるんじゃないかと。

読書は趣味というより生活の一部みたいなもんのようです。
それは《ゆぅ》も同じ。
我が家の本の散乱具合は、まぁ毎日ものすごいですから。。。

《たぁ》は多くの時間を読書に費やしてはいますが、それに負けないほど時間を費やす趣味があります。
それは、折り紙。
P1070584.jpg
何をつくったかは忘れましたが、こんな立体どういう発想でつくっているのやら。
以前は折り方図から作ってましたが、最近は折鶴だとか既成のものではなく、今までに培った折りかた論理を駆使し、自作の作品を創っています!
ちゃんとやれば(?)5歳児のくせに、3センチ四方の紙で折鶴だってキレイに折りあげます。
これまた凝っている世界のカブトムシ・クワガタや恐竜だったり、他にも動物や乗り物だったりを折ることが多いです。
これがまぁ・・・現在日に日に細部にこだわるようになってきて、しかも母がケチって小さい折り紙を与えてるので、もう大人でもこれだけやるのはちょっと・・・というレベルです。

それもそのはず、先日YouTubeで折り紙の達人の映像を見せてしまった・・・見せたんです。
もう食い入って研究(!)する《たぁ》。
「こんな折りかたしてるんか!」「なるほど!」なんてテンションアップ。
見終わったらもちろん即折り紙で実践。

あれから数日。
もともと折り紙大好きだった《たぁ》が、折り紙命になってしまってます。。。

・・・とまぁ、凝り性《たぁ》。
でも英語は、絵本と同じく生活の部類ですから、いわゆる凝るとかって種類のものではありません。
英語の何かモノを与えて、それがきっかけで急にのめりこむってこともないんですよねぇ。

先日、とあるテーマパークの一室に『パーフェク○グローブ』なる地球儀が使えるように置いてありました。
私は一瞥していただけでしたが、《たぁ》が見つけてやりたいというものだからお試し。
すると・・・
やたらハマった《たぁ》!!
帰宅後テーマパークで何が一番面白かったかと聞くと、迷わず「地球儀!」と言ってましたから。

そのとき、この国はどの言語だとか、人口がどれくらいだとかの情報を読みあげていたのですが、それら情報が面白かったらしく(・・・ホンマに?)、その証拠に今でもなんとなく覚えてるんです。

こんな感じに、世界に興味を持つってことは英語をやってく原動力になるんだろうと思います。
だから、多分英語にのめりこむってことがあるとすれば、たとえばこんな別の方向からの何かがきっかけになる、そんなとこなんじゃないかと感じました。

じゃあ『パーフェク○グローブ』は買うのか?
今の時代、知育のためなら興味を持ったら即買い与えるのがいいと考える家庭も多いかと思います。
でも私は、物事を自発的に学べる子に育てるには、ある程度のハングリーさが絶対に!!必要だと思っているんです。
完成形のモノをなるべく与えず、創造的な道具となるものを与えるというのも配慮している部分。
折り紙も、そういった種類の遊びです。

ちなみに、現在の《たぁ》の将来の夢は、『折り紙が上手になること』です。
いいんじゃないですか。
人間、特技があることはすばらしい。
外国でも受けるだろうし、クスッ。(←英語好きにさせる親の目論見^^;)

読書と折り紙、そして英語。
我が家に欠くことのできないツールです。
コメント(0) 

Brain Quest ゲット♪ [《たぁ》5歳3ヶ月《ゆぅ》2歳5ヶ月]

ずっと、なんとなく使ってみたいなぁと思っていたBrain Quest(ブレインクエスト)。
とうとう購入しました。
このBrain Questは、ネイティブ幼児向けのクイズカードみたいなもんです。
絵本じゃないし、特に魅力があるというより、質問の仕方とそれに対する答え方がわかっていいかなーってことに期待してました。
普段私の質問の仕方がかなりワンパターンに陥っているので。
あと、ちょっとしたおでかけの時にも使えそう。
おチビたちはそんなに食いつかないだろうと思っていましたが、試してみたい気持ちが捨てきれず購入にいたりました。

このたびゲットしたのは、2~3歳用の一番やさしいレベル(amazonではコチラ)です。
お手ごろ価格なのがいいですね。

さて、届いた品をおチビたちに見せてみます。
あまり食いつかない予定だったし、気楽にホイと何気なく開きました。

・・・・・・・・
1冊の半分を、一気に質問&解答、終了~!!

《たぁ》は、質問に対して答えることが、あまり好きではありません。
間違えてもいいから答えるというタイプではなく、慎重派。
なので、プレッシャーにならないように、答えも一息置いたら私が読んでいきます。
でも、《たぁ》自身の心の中では、一応の解答を出しているようだから、本人はちゃんとクイズできてる感じ。
とはいえ英語がいくらか読める《たぁ》には、解答が同じページにあるもんだからそれがヒントになってました。
でも読めたり読めなかったりでリーディングのレベル的にも合うし、内容もちょうどいいレベルだったと思います。
解答できる楽しさがある様子。
我が家にしてはややお勉強っぽい?アイテムですが、逆にそれが《たぁ》には新鮮なのかな。

《ゆぅ》はというと・・・
やっぱり彼女にとっては絵本となんら変わりがないみたいです。
風呂前に一度読んでやり、再び催促があったので「じゃあお風呂から出たらね」と約束したのですが、お風呂から出たら着替えもそこそこに催促です。
意外にもハマった様子。
お話じゃなくても、こんなんでもいいんだねぇ?

おチビたちには、Maxというキャラクター人形がまたよかったみたいです。
我が家ではいつものことですが、新入り人形がやって来ると、元からの住人たちとごあいさつの儀式があります・・・
《ゆぅ》いちばんのお気に入り・にゃーにゃちゃん(ネコ)がやってきて、「やぁ!」と言うので、ママ「Hello! Nice to meet you! My name is Max. What your name? 」、《ゆぅ》「My name is にゃーにゃ!I like ~.(以下英語風しゃべりをゴニョゴニョ^^;)」ってな感じで、さらに他のお人形たちともこんなやりとりをひたすら・・・。
《たぁ》は興味ないのではと思うのに、意外にも「《たぁ》のほうにも来て!」なんてお呼びがかかり、Maxくんごあいさつ・・・以下略。
まぁ、別にMaxくんじゃなくてもいつものことですけどね。
でも本にあるキャラクターの分身がいるってのは、導入として結構やりやすいです。

この先も続けていきたければ、レベルをどんどん上げていけるのもいいところ。
ただ、今回のレベルでは思ったより質問文のバリエーションがなかったなぁ。
それでも私の感覚にはない質問文も多く、まずはここからがんばっていきます。

意外にヒットでした、Brain Quest!
コメント(0) 
《たぁ》5歳3ヶ月《ゆぅ》2歳5ヶ月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。