So-net無料ブログ作成
検索選択
英語教材 ブログトップ

メイン教材・・・? [英語教材]

我が家では、本来メイン教材として『English-Time』を使用しています。
でも・・・
実は、出番が少ないです。
なぜって、それは《ゆぅ》が好まないから。
でも、最近になってDVDも見てくれるようになって、ホッとしているところです。

出番が少ないもうひとつの理由は、利用に適した時期を待っているから。
今は、ワールドワイドキッズイングリッシュ(WKE)のDVDを持っているので、そちら優先です。
WKEは《たぁ》がもうちょっと大きくなったら見てくれなくなりそうだけど、English-Timeは小学生が適期かなって感じ。
なので、現時点でのメイン教材はWKEのほうですね。

WKEを利用している人、身近に結構いるのですが、でもみんな子どもがDVDを見なくなったと言います。
長期(1年ほど)に渡って見続けているのは、我が家くらいかも・・・
現在Stage5のLevel2を見ていますが、出し惜しみしている進度です、はい。
でも、どのDVDに何の音楽が入っているだとか、ぜーんぶ覚えちゃってるほどの回数を見ています。
ちなみに、お気に入り
Stage1 Level4 →Obladi Oblada が入っている
Stage3 Level3 →Puff,the magic dragon が入ってる
この2つがダントツだけど、普段DVDは《たぁ》に選ばせていて、「○○○が入っているやつがいい・・・えーっとStage○のLevel○!」って感じでリクエストがあります。
比較的ご指名ないのがStage2、人気あるのがStage3かな。
StepUpDVDより本編が好きです。
Stage5に入り、CDとともに《ゆぅ》のアウトプットが最近すごいです。

English-TimeはLevel8までのDVDを見ています。
けど視聴回数がWKEに遠く及ばないのは、やはり《ゆぅ》にはWKEが年齢的にも合うということでしょう。
《ゆぅ》がEnglish-TimeのDVDを嫌がらなくなったのはごく最近、これからじんわり活躍してもらいます。

英語レッスン的なことはまったくしていないので、その部分でもEnglish-Timeはスタートさせていない段階です。
さらに、今となったらいろいろ他の教材にも目移り・・・
教材選び好きな母^^;
早くいろいろ取り組ませたいなぁと思うのに、自分を律しながら取り組ませずにいるところです。
どうしてそこにこだわるか、まぁそういう考えの人もいると思って客観視してくださいませ。

DVDばかり見せているかのようですが、日に1度(たまに2度)1回20~30分が基本のペースです。
旦那のいる土日など見ることないです。
テレビで『えいごであそぼ』を見せていたら15分ですから(うちはほとんど見ていない)、どれほどたいしたことないことか。
CDはいろいろ流してますよ~♪
最近はこのCDの掛け流しが母は楽しいのですが、なぜって教材選び好きな私の腕の見せどころになっているからです。
DVDは、なるべく教材の道筋に従って進めていくほうが、満遍なく情報を得られると思っているため、余計なDVDを与えないほうが安心できます。
だから、今は母の教材選びの矛先はDVDではなく、絵本またはCD。
これらは脇道バンザイです。

我が家の英語で、2歳児《ゆぅ》はおまけにすぎません。
《たぁ》英語スタートが4歳半だったのは、《たぁ》には適期だったと感じているので、《ゆぅ》も本当はそれくらいの時期まで日本語のみがいいんじゃないかと考えていて、それは今も変わりません。
DVDでは、やたらカウントだとか色だとかの英語が多いので、《ゆぅ》はこれらについては英語優位かもしれません。
体のパーツなんかも、そうかもしれない・・・
《たぁ》に合わせて1歳8ヶ月から英語に触れている《ゆぅ》。
英語がどんどん出ていますが、歓迎すべきか否か。

そんなわけで、できればなるべく《ゆぅ》の年齢に合わせたレベルで、《たぁ》が満足してくれたらと思っています。
おまけである《ゆぅ》にこそ、変な影響を受けないように配慮してやりたいです。
メイン教材、この先もしばらくは《ゆぅ》優先でいくことになりそう。
コメント(0) 

興味との出合い [英語教材]

『Let's Go』シリーズ Oxford出版
児童英語の教材として定番のもののようです。
2~5のセット(2nd edition)がむちゃ安くオクに出ていたので、使用済みで美品ではないですが、参考までに購入。

我が家は、参考に購入と思ったものでも、その品々の使用頻度はかなりのものです。
今回もそうなりそうな予感。

まず到着したとき、《ゆぅ》の前で開封しました。
もちろん一通り中身を見たい母。
するとその脇で、《ゆぅ》は全テキスト(ワークも含む)のページを眺めては大喜び。
でもまぁ、内容がわかるわけもなく、新入りの絵本だと思ってるだけですよ。

私としては、英語学習を系統立てて網羅されている教材だといいなと思っていたから、ちょうどビンゴのような気がします。
ある程度の反復練習がある教材も初めてで、お勉強の域に足を踏み込んだわけですが、子どもを楽しませる要素も入っています。
イラストもアニメちっくでない好感触の絵で、そこにこだわる私としてはよかったです。
ちなみに3rd editionでは、サンプルを見た感じだとCGイラストになってしまったようで・・・
好みの2ndが手に入って嬉しい私です。

いずれにしろ、お勉強的に英語を進めるつもりがない現時点では、この教材は活躍の場はないだろうと思っていましたが、CDは使えるから掛け流そうと思って、今日久々にテキストを1冊引っ張り出してきました。
すると・・・
《ゆぅ》「あーちゃんの絵本!!あるでしょ!!これだけじゃないの!!」
そう、開封したときにたくさんの本があったことを、しっかり覚えていたのでした。
ハイハイと、他のテキストを出してやると、まぁよく眺めます。

そして、《たぁ》の食いつきもよかったです。
CDを聴くのもテキスト見るのも初めての《たぁ》、私がそばでテキストを開きリピートしたり答えているのを、ずーっと覗くのです。
ときには自ら答えたりもして、とうとうCD1枚分を最後までテキストと向き合ってました。
途中母が疲れて「もう閉じちゃっていい?」と聞いたけど、「ダメ!」と《たぁ》。

本当は、《たぁ》はそろそろワークなどやりたがっているようです。
年齢的に妥当な時期が来ているのかもしれません。

でも、もうあと一息。
興味をひきつけるには、あとちょっとハングリー精神を持たせておきたいのです。
「物心ついたころから勉強していた」のではなく、「やりたい(面白い)と思って勉強してきた」と感じさせたい。
これは英語にかかわらず、学ぶことすべてにおいて、私が目指す知育のありかたです。

私は小3のとき初めて習字を学校で習ったとき、家に帰るやいなや興奮した様子で「面白すぎ!」と熱く語ったらしいです。
即習い始めて、高2まで続けました。
その後、美術をしたいと思い、美大進学のための予備校はじめてのデッサンをして・・・そのときの面白さの衝撃は、今でも鮮明です。
そして美大で学び仕事にもしてきました。
自分自身がこういう形で「興味」と出合っているので、おチビたちにも自分の道を発掘していってほしいと思っています。

そんなわけで、おチビたちにとっての英語も、勉強として出合うタイミングは大事に選んでやりたいと思うのでした。
コメント(0) 

教材選び [英語教材]

かくして教材選びがはじまりました。

いくつかのサンプル取り寄せ子供の反応を見ます。

何歳くらいまで使えそうか
到達点はどの程度か
価格は?

我が家で選んだのは、『イングリッシュタイム』という教材です。
・・・・・・・・・・
御存じの方がどれほどいるんでしょう。
日本ではあまり普及してないようなので、購入するのに勇気が必要でした^^;

『イングリッシュタイム』について、簡単に説明しておきます。

この教材は、タイムライフ社という、雑誌『TIME』が有名で、英語教材にも定評がある世界的ブランドの製品です。
アフターサポートとして、オンラインテストや英国立大学公認の修了証書が発行されるなどがあります。
到達点は、日本で有名なディズニーの教材と同レベルだそう。
一貫してオリジナルで開発・設計されているため、シンプルで無駄のない学習が可能。
幼児期の親子学習だけでなく、CD-ROMによる自主学習に対応しているため、12歳ごろまで活用できるそう。
英語を母国語としないアジア圏の子供たちのために開発された教材。

おおざっぱですが、こんな感じです。
『子供の教材を宣伝やイメージで売るようなことはしたくない』というタイムライフ社の意向があるようで、日本で知ってる人は多くないでしょう。
他のアジアの国では、けっこう普及してるかのようですが・・・
日本では宣伝されてる教材が多いため、宣伝ナシじゃ目にも留まらないんでしょうかね^^;

とはいっても、それが理由で普及してないだけじゃなくて、何かワケアリ??
という不安も、なきにしもあらず。
一番の不安は、タイムライフ社のアジア本部は香港なのですが、メイドインチャイナなことかなぁ^^;
やっぱり日本製の安心感はないのかも。。。

そして・・・不安的中。
初期不良発生です。
返品・交換は迅速に対応していただけましたが・・・^^;

ただ、教材としての内容は、思っていたとおりいい感じです。
子供たちはすっかり夢中!

この教材については、今のとこ人様にあえてオススメするつもりはありせん。
オススメじゃないわけでもないのですが・・・
今後次第でしょう。

『イングリッシュタイム』について調べたいと思って検索をかけても、あまりヒットしません。
それが普及の度合いを表してるってことでしょうけど^^;
その分、このページがヒットする可能性も高くなるわけで・・・
そのため、ここでは教材についての個人的な見解を載せているものとしてご理解いただきたいということを、あらかじめ申し上げておきます。

我が子たちは、この教材を通して英語を学んでいくことになるわけです。
さーて、どうなってくか楽しみ!
コメント(0) 
英語教材 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。