So-net無料ブログ作成
英語について思うこと ブログトップ

今年の英語 [英語について思うこと]

偶然またはときどきでも、このブログを眺めてくださっているかた、ありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

英語について、自分の思うところを記録していきたくてやっているブログです。
英語に熱心なことはいいこと?
過熱するのはよくない?
など日々バランスを考えて、おチビたちの様子を見ながら英語を取り入れています。
今のとこ、お勉強的なことは一切なしで英語に触れることが、5歳&2歳のおチビたちにとっていいのかなという判断をしていますが、もちろんこれでいいのかどうかは誰にもわかりません^^;

私は、この5歳だったり2歳だったりするおチビたちが、現時点でどれだけ上達するかを張り切るつもりはないです。
今は英語に対する素地をつくっていく段階。
バイリンガルを目指すつもりなどさらさらないけど、いずれ将来(学校の勉強ではなく)英語に困らないだけの力はつけさせたいと思っています。
とはいえ、教え込むつもりはありません。
学び取る力をつけさせたいんです。

この方向性がはっきりしてきたのも、ブログで考えを記録してきたからかと思います。
たいしたことはなーんもやってないのに、これだけ英語を語れるんだから、ある意味とても熱心な私。

そして、意外にも?このブログ、じんわり一日の訪問者さんの数が増えてきています。
一方的に自分の考えを言い放っていて生意気~な感じですけど(←自分でもわかってまぁす^^;)、おチビたちが一応は私の思惑する成長を遂げていってくれているので、その経過がなんとなく気になってもらえてるのかな?と思っています。

とはいえ、1年弱の英語歴でこのレベルってのは、きっとたいしたもんではないでしょう。
教え込めばもっといくらでも覚えることができるわけだし、効果が目に見えてなくてもたとえばかなりのインプット量の人もいるはず。
でも、これらのことには、私はかなりブレーキを利かせています。
そのうえで、おチビたちがどれだけ自分から学び取るように仕向けるか、そういうことに対していろんな工夫をしていってます。
遠回りな方法に見えますが、一応私なりに先を考えて導いてるつもり・・・さて、どうなることやら。

今年も間違いなくのんびりペースになることでしょう。
でも一応目標はあるんですよー。
《たぁ》のリーディング力アップ!です。
昨日借りてきた『ちびうさ まいご』は翻訳絵本で、英語タイトルが載っていました。
たしか『Little Rabit Lost』だったのですが、《たぁ》はわざわざ英語を読んでくれました。
きっと読める喜びを味わってるんでしょうね。
英単語を教える的なことをまーったくやってないだけに、どうやって覚えているのか・・・母は本当にわかりません。
半分は絵や内容から推測してるんだろうけど、そういう段階を踏みながらじんわり読めていけたらいいと思っています。

《ゆぅ》・・・相変わらずおまけということでいいでしょう^^;
去年はちょっとだけ公民館の英語サークルを試して、それ自体には《ゆぅ》はノリノリではあったけど、公民館に鬼のお面があってそれが怖くて行きたくないーって(笑)
私は試せたから満足だし、きっともう行くこともないだろな。

意欲があるんだかないんだかわからない母ですが、今年もボチボチ更新していくつもりでいます。
コメント(0) 

親の英語力 [英語について思うこと]

英語環境を作るとき、親が英語を使えると得ですよね~。
英会話講師経験者の家庭では、英語環境なんて簡単に作り出せそう!
別に英会話講師でなくても、英文科卒の人だって、十分それなりにやれるんでしょうね・・・
そう考えると、世の中結構な人数が、英語使える人と言えるのかも。
たとえ会話は苦手でも、文法だけでもわかればかなり心強い。

かくいう私、デタラメ英語ってやつです。
ワーホリ経験があるため、突撃する勇気だけは持ってますが、それだけ。
文法考える間があればとりあえず言う、それで伝われば言い直ししないし、大抵伝わっちゃうので言い直す必要もなく、結局カタコトで通った半年のニュージー生活。
耳だけは、いくらか鍛えられたかなぁ?

で、このワーホリ経験が、おチビたちとの取り組みに生かされているかというと・・・
答えは、Yes。

どう生かされているんでしょうね?

まず、やっぱり私が英語を声に出すことに慣れている、それが大きいと思います。
さすがに今のおチビたちのレベルなら、私だって話せます。
堂々と、しかもネイティブ風発音で!!
ワーホリ経験がなければ、CDやDVDにおまかせってことになったでしょう。

それから、要点となる言葉を『テンポよく』発する大切さを知っていること。
おチビたちとのやりとりでもそうです。
うまく英語の文章が組み立てられないからといって、じっくり正しい語順を『テンポ悪く』考えたりはしません。
一言で構わないから、サッと答えてしまいます。
そうしないと、一瞬の間でおチビたちはそっぽ向いてしまってますから^^;

発音は、ネイティブ風!に自信を持って発音します。
もちろんかなりいい加減ですが、カタカナ英語を話すよりは近いハズ。
これからどんどんおチビたちに突っ込まれるのが楽しみです(笑)

よくある「英語で語りかけ」というやり方は、私には無理がありそうなのでやりませんが、「いつも英語でマザーグース」でしたら我が家のことです。
それくらい英語の歌は飛び交っている我が家。
とうとう《たぁ》は、私を追い越してしまいました!?
頭で覚える私は、歌詞がないと歌うことも覚えることもできません。
でも《たぁ》は耳コピーですから、いくらでも歌えてしまいます。
《ゆぅ》が私と同じくらいの数の歌を、すでに歌えているかもしれません。
どれほど歌いまくってるか、想像に難くない^^;
ママはおチビたちと張り合って、がんばって今日も歌いますよー。

そう、私の役割は、おチビたちを乗せて楽しませることで、英語を教えるのは教材におまかせ!
でも、その楽しませる部分でこのワーホリ経験が役に立っている、そう思います。

たぶん、私の英語力でできることはこれくらい。
立派な英語力はありませんが、できることをできる限り役立てながら、取り組みたいと思っています。
コメント(0) 

甘い考え [英語について思うこと]

ここんとこ、英語を継続して学んでいくにはどうすればいいか・・・ってことを、自分なりに考えてブログにしてきました。
改めて読んで・・・甘い考え^^;って思った私。

英語を勉強として考えずに、どこまでやれるんでしょう。
私の考えの前提には、英語を勉強として意識させない中で取り組ませていくというのがあります。
そういう態度でいてくれるものと信じてるっていうか。。。
そう誘導できると思ってるっていうか。。。
甘いですよね(笑)

そもそも子供って、勉強は嫌いなんでしょうか。
勉強という意識をさせずに取り組ませたいという考えは、あまり意味がないんでしょうか。

英語の勉強が楽しい、そう思わせるほうがいいのかも?

ま、結論はありませんが、いずれ英語を勉強と意識はするんでしょうね。
そのとき『好きな勉強』と思えたら、それでいいのかな?
理想?は、やはり『英語はコミュニケーション=楽しいもの』と捉えていてほしいんですけどね。

ゆる~く楽しく、無理のない継続を目指す。
この方向性は変わりません。
将来、おチビたちが自分の道を進んでいくうえで英語を取捨選択するまでは、がんばって?こっそり押し上げてやろうと思う私でした。
コメント(0) 

継続への道 [英語について思うこと]

幼児期は吸収しやすいというメリットを生かして、早い段階(私的には^^;)で英語スタートを切りました。
スタートを切るのは簡単です。
幼児期は親の誘導に素直に従ってくれます。

問題は、小学生以降になっても英語に取り組んでくれるか、この点でしょう。
つまり、継続できるかどうかです。
じゃあ、継続するために必要な要素って何でしょう?

ひとまず私が考えるには、小学生になるまでに・・・

英語の本に馴染んでいる
子供向け英語番組を観ることができる

かどうかが分かれ目のような気がします。
これができていれば、無理なく英語に触れ続けていられるかと思うわけです。
もちろん、高いレベルに到達するにはいろんな難題があるでしょうけど、私はそこまで求めていません。
ただなんとか継続させることを考えた場合、幼児期にこれらをクリアさせておくのを目標にしています。

英語をやらせようと思ったとき、まずいわゆる教材ではない方法を考えました。
オークションで英語DVDなどのアイテムを買い集めるとか、英語絵本とCDで暗唱だとか・・・
でもこういった方法だと、いろいろ目移りもしちゃうし、自分の教え方で大丈夫なのかもわからない。
いろいろ研究するエネルギーもつぎ込めそうにもないし、教えるの大変そうだし^^;
語学習得の黄金期が6歳までと考えても、《たぁ》は4歳8ヶ月、もうそう長くはないんですよねぇ。
シンプルに的を絞って習得させていかないと、と思って教材で学ばせる方法を選んだわけです。
実際、その点においては正解だと思っています。

つまり、継続のためのひとつ目の段階として、英語教材の手を借りている、そういう感じでしょうか。

継続こそ力なり。
そのための段階を踏んでいくことが大事だと思います。
踏みそびれないように、こうやってブログでときどき確認しながら進めたいと思っています。
コメント(0) 

ちょっとした目標 [英語について思うこと]

子供に英語を学ばせようとする親御さんたちは、みなそれぞれに目的や目標を思い描いていることでしょう。

バイリンガルを目指したい
それなりに会話困らない程度の英語を身に付けさせたい
将来の英語の勉強に役立てたい
英語に楽しんで触れてもらえたらいい

などなど?

我が家では、これでいうと上から二つ目かなぁ?

バイリンガルはありえないし
英語の勉強は、結果がついてくる程度でいいかと~
英語遊びだけじゃ、せっかくやるんだしなぁ

でも、実際にそうなるのは難しいでしょう。
難しい理由は、継続していかなきゃいけないことにあると思います。

英語育児ブログを覗かせてもらうと、やっぱりみなさんすごい気合~!
目標が高い方が本当に多いですね。
尊敬しちゃいます。

かくいう私は・・・のんびりいきます。
でも、のんびりいくってのは、私なりの作戦でもあります。

高いレベルは目指さないけど、とにかく継続を目指しています。
継続さえできれば、私のイメージではそこそこいくはず!?

1日1時間、英語の聞き流し・・・とかって決めることは、私には絶対継続できないパターン^^;
それに、聞きたくない日も聞かなきゃいけないとなってくると、子供が負担に感じて嫌がってもなぁ・・・
おチビたちが英語嫌いになること、それだけは避けたいので、極端な道は避けてゆったりとした道を歩みたいわけです。

私は英語嫌いでしたから。。。
そんな私が海外旅行に目覚めたわけですが、個人旅行10数カ国にワーホリ半年を経験して、子供には大体これくらいマスターさせてあげたいってイメージがあります。
そこに到達するのが、私の目標。
あまりレベル高くないんですけど、確実にそこまでにするために、これからの長い道のりをのんびり継続していこうと思います。
コメント(0) 

ママも一緒に② [英語について思うこと]

幼児の英語教材、あなどれないと思います。
これだけ身につければ、ネイティブ小学生との会話に困ることはないってこと。
身につくかはさておき^^;

子供が会話に困らないレベルってことなら、大人だって一応困らないってことでしょう。
小学生レベルで十分です。
基本的な会話の構成力さえ身につけばいいんです。
それこそ、私が英会話学習に求めるもの。

あとはリスニング。
これは子供に負けるに決まってます。
でも、子供と一緒に聞いていれば、それなりの耳はできることでしょう。
それに一応、これも度胸で乗り越える術は学んでるので大丈夫(笑)

なーんだ、私には幼児英語教材がピッタリじゃん!
と思わずにはいられないくらい!?
コメント(2) 

ママも一緒に① [英語について思うこと]

おチビたちに英語をやらせようと思ったとき、家庭学習しか考えませんでした。
その理由は、私も一緒に英語に触れていたかったからです。

私は海外旅行が好きで、ワーキングホリディにも行ったことがあります。
けど英会話全然だめ^^;
経験値アップのおかげで何とかコミュニケーションとってましたが・・・度胸のみ?コツのみ?

こんな私の勉強のために、幼児の英語教材はピッタリなんじゃないのーー(笑)
いや、冗談抜きで。

これでも私、センター試験の平均点くらいは一応とってたんですけどね。。。
学校英語がいかに実践的ではないかってことでしょうか??

まぁそんな私ですが、育児の傍ら細々と仕事しています。
現在は内職状態ですが、今後は海外向け(もしくは海外の人向け)の仕事を任せてもらえそうです。
ただそれは、子供の手がそれなりに離れてからでいいってことで、今すぐどうこうって話ではありません。
もちろん仕事で英語を使うわけじゃないけど、使う場はあると思うので、英語でコミュニケーションとれたら楽しいかなーって。
子育てしながら英語しとけばちょうどいいじゃーん!
時期が来たころに、それなりの英語のカンがついてればオッケー!
度胸発揮の仕方は覚えてますから(笑)
コメント(0) 

なぜ英語? [英語について思うこと]

なぜ英語?

子供が大きくなるころには、今よりもっと英語が必須でしょう。
でも日本の学校英語を学んだところで、ホント驚くほどしゃべれなーい!
(これはもちろん私の場合ですが、多くの人が同意するんでは??)
学校では英会話は学べないので、どこかで学ばないと。

今後アジアは世界の中心のひとつになってくるでしょう。
なのに日本はアジアの中でも英語力は最低レベル。
ニュージーランドにワーキングホリディに行ってたとき、語学学校でそれを目の当たりにしました。
日本でも昨今は英会話ブーム?(昔よりかは?)ですが、他のアジアの国はこんなもんじゃありませんからねー。
日本の英語力、本当に底上げしていかないと世界から取り残されそうな予感^^;

まぁ、こんな世界の大層な話はさておきとしても・・・
やっぱり、どこでも自分らしく堂々としていたいものです。
英語が話せなくて縮こまるような経験や、しゃべれないために子供相手みたいに対応されるのはいやです。

身に覚えがたーっくさんあるだけに^^;子供たちには英語を話すことに抵抗がないようになってもらえたらと思うわけです。
あとは、私が自分のためにやりたいってのがあるんで、英語学習を取り込んだ時間を、親子で楽しく過ごしていければいいかな!

英語を始めるきっかけ [英語について思うこと]

私は、つい先日まで子供に英語をさせようと考えてきたことはなかったんです。
ところが最近、ちょっとしたきっかけがありました。

 《たぁ》の友達数人が、英会話教室やプリスクールに行くって話を、ここんとこ一気に聞いた
 実家の親から、習い事費用として資金提供があった
 私は、ほぼ休止中だけど仕事持ってて、今後海外(もしくは海外の人)向けの仕事の話がある

・・・とまぁ、こんな感じです。
これだけのことがあったために、やっぱりちょっと考えるわけで。

考えるとやっぱり、英語をスタートさせたくなりました。
少しでも苦労しない方法で、子供が英語で困らないようにしてあげられるなら・・・
まぁ安易ですが^^;そう思うわけです。

ってなわけで、勢いも手伝って英語開始!

英語のスタート時期は・・・ [英語について思うこと]

《たぁ》は4歳半。
《ゆぅ》は1歳8ヶ月。
英語を始めるには、早いんでしょうか?遅いんでしょうか?

これについては、いろんな考え方があると思います。
人それぞれ目的も目標も違うから。

私は、《たぁ》の様子を見てみる限り、まぁこれくらいのスタートでよかったのかな?と思ってます。
逆にいうと、《ゆぅ》には早すぎかも?
・・・どうなんでしょうねぇ?

ただ、幼児期の子供にまず大切なこと。
それはやっぱり『健全な体と心をはぐくむこと』!
さらに、英語よりも母国語の獲得が重要です。

それを踏まえたうえで、英語をバランスよく進めていかないといけないですよね。
没頭しすぎる傾向のある私だけに、ここで宣言しておきまーす(笑)
英語について思うこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。