So-net無料ブログ作成
検索選択

震災があって・・・日本 [《たぁ》5歳7ヶ月《ゆぅ》2歳9ヶ月]

まずは、被災された方々にお見舞い申しあげます。
ブログにするのに、いろいろ言葉を連ねてみたのですが、私の拙い言葉では配慮に欠けることがあるのが不安で、多くを語ることはやめておきます。
しかし、今後も細々とでも長く募金を続けたいと思っています。
関心を持ち続けることが大切な気がしています。
それによって、募金以外にも何かできることがあることに気付けるかもしれない。
そして、報道が減れば関心も減る、では被災地の復興も国の復興も難しい。
日本まるごとの問題ですから。

しかし、今回のことで『日本』という国についての意識が強くなったような気もしています。
私は比較的、そういうことを意識する中で暮らしていたほうだと思うのですが(日本の文化に関わる仕事をしていたので)、やはり日本人の意識や感性は独特で、そして誇ることができるものだと気付けました。
以前ブログで、日本について語ったことがありますが、そこで特攻隊員の話を少し書きました。
今回の福島原発の作業に関わる方々など、まさに決死の覚悟で日本を救おうとされています。
敬意を表します。
この方々が、「FUKUSHIMA50」として海外で称賛されているということですが、それは海外ではこの『自己犠牲』的な発想が国民性として根付いていないために、余計にインパクトがあるのかもしれません。
「俺たちが死んでも、メルトダウンは絶対に起こさせない」
「死ぬのは怖くない」
・・・根付いた国民性を感じます。

これは余談ですが、元特攻隊員の方がイギリスに出向き「テロと特攻は違う」ことを説明しています(9.11より後のこと)。
日本人なら、テロと特攻が違うなんてことはわかりますよね?
でも、海外ではそうではないみたいです。
「自爆攻撃」という意味で、同じように捉えられているようで。

そして特攻隊員の方々には「日本を救うため、愛する人を守るため」という志がありました。
「FUKUSHIMA50」と並べて見てしまいます。

あれ、英語の話は今回ない?
・・・はい。
震災があってから、しばらく英語なんて忘れていました。
それくらい、英語なんてどうでもいいものなんですよね。
やっぱり日本人です。
日本のことが一番大切。
コメント(0) 

Picture dictionary [《たぁ》5歳6ヶ月《ゆぅ》2歳8ヶ月]

我が家でも、英語Picture dictionaryを購入。
これ結構遊べますね。
絵探しになっているタイプのものなので、最近絵探しにハマっているおチビたちにピッタリでした。
ただ語彙を増やすには・・・母の発音が^^;
まぁ、我が家ではお遊びアイテムですからいいです。
ページを眺め、何気なく英単語に触れてくれていれば、それでよし。

さて、《ゆぅ》の英語しゃべりがすごいことになっています。
いや、デタラメですよ、でもまぁよく英語モード・・・家も外も問わずです、はい。

いや、デタラメと思っていたんだけど、結構それなりに理解を伴っていることも、最近発見。

たとえば、自分の食べ物を指して
「It's mine.」
ママのを指差して
「It's yours.」

正しいじゃん。

そこで
「Is It mine?」
と、私が《ゆぅ》のものを指すと
「No! It's mine!」

うむ、正解。

I like ○○○.
What's this? It's ○○○.
など、いくらかのフレーズに単語を入れ替えて会話に使うことは、もう日常なのですが、ちょっとひねったやりとりでも理解を伴っているようです。

でも、あれだけベラベラしゃべってるくせに、実はきっちりとした文章はどれだけあるのって話ですが^^;

5歳《たぁ》と2歳《ゆぅ》、やはり年齢的に理解力に優れる《たぁ》のほうが、よく英語をわかっているなぁとは感じます。
完全右脳英語《ゆぅ》に対して、一部左脳英語《たぁ》という図式でしょうか。
日本語でも、まだ《ゆぅ》は「あげる」「くれる」「もらう」あたりの日本語は混乱した文章です。
「ママが《ゆぅ》に、これもらったんよ・・・あれ?これ《ゆぅ》にくれたんよ、だよねぇ!」なんてひとりツッコミしてますが。
おぼつかない日本語と同じく、英語がキッチリなはずないわけですよね。

2人ともまだとても素直に英語が耳に届く時期。
その、幼児期ならではの恩恵をしっかり拝借したいところです。

さて、Picture dictionary なんてのは、本当はお勉強アイテム。
でもそれをお勉強とせず、どれだけお遊びアイテムとして活用できるかということこそ、私の腕の見せどころ(?)です。
幼児期にPicture dictionary を使う価値は、絵と音と文字を結びつけることで、意味を把握しイメージ(図像)として脳裏に焼き付けることができることにあると思っています。
だから、とにかくページを開いてくれることが大事。
まだ英単語を見たところで「?」でも、音も聴かずに絵だけマッチングさせる遊び要素だけでもよくて、ただその絵の場面だけを隅々まで(図像として)記憶されたらいいなぁと思うわけです。
ある日突然、英単語と絵が結びつく発見をし、いずれ効果が目に見えてくるでしょう。
なので、あえて絵は実写的で細かい描写がされているタイプのものを選びました。
絵は幼児向けではなく、大人向けの雰囲気を醸しているのですが、実におチビたちの反応はいいです。

しかし、このPicture dictionary も第2版が出ているのですが、CG化されてしまっています。
『Let's Go』も第3版からCGになってしまったので、アナログ版を好む私は、オークションをこれからも愛用していくことになりそうです。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。