So-net無料ブログ作成
検索選択

現時点の成果④ [《たぁ》4歳8ヶ月《ゆぅ》1歳10ヶ月]

英語学習を始めて、あとちょっとで3ヶ月。

おチビたち、すっかり人前でも英語が出てます。
英語の歌をうたったり、いきなり英単語やフレーズしゃべったり。
まぁ、ご近所さんを中心に、みんなお互いが英語ちょっとやってることは認知してるからいいけど、まったく知らない人だとちょっと照れる^^;

我が家で使ってる教材は、イングリッシュタイムとワールドワイドキッズ(DVD)です。
この二つはつくりが違うため、ちょうどフォローしあっていい感じがしてます。
前者は《たぁ》用、後者が《ゆぅ》用。
・・・ということにすることで、《たぁ》がWKEを見てくれるのが狙いなんですけどね。

やっぱり《たぁ》はイングリッシュタイム(以下ET)が好きなんです。
けど、「今度は《ゆぅ》にMimi見せてあげようね」ってことで、WKEも見てくれます。
WKEを見ることで、実写映像だとかのワールドワイドな雰囲気を目にすることができるし、フォニックスも身に付きそう。
それと、何よりのメリットがあるんです。

《たぁ》は自然体で英語フレーズがポンポンと出てくるようになってます。
英語のリズム感を楽しんでるなーって感じです。
そんな《たぁ》が、WKEを見るとどうなるでしょう?
・・・そう、WKE暗唱です。
これがメリット。

WKEは、英語が大量につまったDVDではないと言えるでしょう。
一部実写でネイティブが語ってる部分以外は、とてもスローテンポ。
ゆっくりしゃべってるって意味ではなく、言葉のない間(ま)が多くあります。
その間は、《たぁ》がリピートするのにピッタリな間。

今日久しぶりに《たぁ》と一緒にWKEのDVDを見たんですが、そのDVDはほぼ覚えてしまったようで、リピートではなくDVDと同時にしゃべっていました。
《たぁ》の発話レベルにピッタリのようです。

《ゆぅ》はどうかというと・・・
1歳10ヶ月になって、ますます日本語が達者になってきました。
といっても3語文程度ですが、表現力は十分。
伝える力は、これから先の英語学習の要ですもんね。

そんな《ゆぅ》。
『ABCの歌』『Open shut them』など、いくつかの英語の歌が歌えます。
歌えるレベルは3語文どころか・・・フルコーラス歌えばかなりです。
舌っ足らずで親しか聞き取れない歌もありますが、まぁ本人は十分に歌を楽しんでいる様子。
日本語の歌も相当数歌えるようになってますが、本人にとってはそのうちの1つという感覚で、英語の歌なんでしょう。

「今日はDVD何見る!?」と聞くと、《たぁ》は「Zing!!」、《ゆぅ》は「Mimi!!」。
毎日同じでーす(笑)
半月くらい毎に1枚、どちらかのDVDを解禁するペースでやってます。
ちょっと早いかなぁ?
けど《たぁ》の暗記スピードを見ていると、これくらいで大丈夫に思うけど・・・
ただ、暗記はできても文章作れるわけじゃないし、やっぱりDVDだけを進めるってのはまずいかな・・・
どうなんでしょうね。

いい雰囲気で英語を進めていけてるので、焦らず楽しくがんばっていこうと思います!
コメント(0) 

甘い考え [英語について思うこと]

ここんとこ、英語を継続して学んでいくにはどうすればいいか・・・ってことを、自分なりに考えてブログにしてきました。
改めて読んで・・・甘い考え^^;って思った私。

英語を勉強として考えずに、どこまでやれるんでしょう。
私の考えの前提には、英語を勉強として意識させない中で取り組ませていくというのがあります。
そういう態度でいてくれるものと信じてるっていうか。。。
そう誘導できると思ってるっていうか。。。
甘いですよね(笑)

そもそも子供って、勉強は嫌いなんでしょうか。
勉強という意識をさせずに取り組ませたいという考えは、あまり意味がないんでしょうか。

英語の勉強が楽しい、そう思わせるほうがいいのかも?

ま、結論はありませんが、いずれ英語を勉強と意識はするんでしょうね。
そのとき『好きな勉強』と思えたら、それでいいのかな?
理想?は、やはり『英語はコミュニケーション=楽しいもの』と捉えていてほしいんですけどね。

ゆる~く楽しく、無理のない継続を目指す。
この方向性は変わりません。
将来、おチビたちが自分の道を進んでいくうえで英語を取捨選択するまでは、がんばって?こっそり押し上げてやろうと思う私でした。
コメント(0) 

継続への道 [英語について思うこと]

幼児期は吸収しやすいというメリットを生かして、早い段階(私的には^^;)で英語スタートを切りました。
スタートを切るのは簡単です。
幼児期は親の誘導に素直に従ってくれます。

問題は、小学生以降になっても英語に取り組んでくれるか、この点でしょう。
つまり、継続できるかどうかです。
じゃあ、継続するために必要な要素って何でしょう?

ひとまず私が考えるには、小学生になるまでに・・・

英語の本に馴染んでいる
子供向け英語番組を観ることができる

かどうかが分かれ目のような気がします。
これができていれば、無理なく英語に触れ続けていられるかと思うわけです。
もちろん、高いレベルに到達するにはいろんな難題があるでしょうけど、私はそこまで求めていません。
ただなんとか継続させることを考えた場合、幼児期にこれらをクリアさせておくのを目標にしています。

英語をやらせようと思ったとき、まずいわゆる教材ではない方法を考えました。
オークションで英語DVDなどのアイテムを買い集めるとか、英語絵本とCDで暗唱だとか・・・
でもこういった方法だと、いろいろ目移りもしちゃうし、自分の教え方で大丈夫なのかもわからない。
いろいろ研究するエネルギーもつぎ込めそうにもないし、教えるの大変そうだし^^;
語学習得の黄金期が6歳までと考えても、《たぁ》は4歳8ヶ月、もうそう長くはないんですよねぇ。
シンプルに的を絞って習得させていかないと、と思って教材で学ばせる方法を選んだわけです。
実際、その点においては正解だと思っています。

つまり、継続のためのひとつ目の段階として、英語教材の手を借りている、そういう感じでしょうか。

継続こそ力なり。
そのための段階を踏んでいくことが大事だと思います。
踏みそびれないように、こうやってブログでときどき確認しながら進めたいと思っています。
コメント(0) 

ちょっとした目標 [英語について思うこと]

子供英語を学ばせようとする親御さんたちは、みなそれぞれに目的や目標を思い描いていることでしょう。

バイリンガルを目指したい
それなりに会話困らない程度の英語を身に付けさせたい
将来の英語の勉強に役立てたい
英語に楽しんで触れてもらえたらいい

などなど?

我が家では、これでいうと上から二つ目かなぁ?

バイリンガルはありえないし
英語の勉強は、結果がついてくる程度でいいかと~
英語遊びだけじゃ、せっかくやるんだしなぁ

でも、実際にそうなるのは難しいでしょう。
難しい理由は、継続していかなきゃいけないことにあると思います。

英語育児ブログを覗かせてもらうと、やっぱりみなさんすごい気合~!
目標が高い方が本当に多いですね。
尊敬しちゃいます。

かくいう私は・・・のんびりいきます。
でも、のんびりいくってのは、私なりの作戦でもあります。

高いレベルは目指さないけど、とにかく継続を目指しています。
継続さえできれば、私のイメージではそこそこいくはず!?

1日1時間、英語の聞き流し・・・とかって決めることは、私には絶対継続できないパターン^^;
それに、聞きたくない日も聞かなきゃいけないとなってくると、子供が負担に感じて嫌がってもなぁ・・・
おチビたちが英語嫌いになること、それだけは避けたいので、極端な道は避けてゆったりとした道を歩みたいわけです。

私は英語嫌いでしたから。。。
そんな私が海外旅行に目覚めたわけですが、個人旅行10数カ国にワーホリ半年を経験して、子供には大体これくらいマスターさせてあげたいってイメージがあります。
そこに到達するのが、私の目標。
あまりレベル高くないんですけど、確実にそこまでにするために、これからの長い道のりをのんびり継続していこうと思います。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。