So-net無料ブログ作成
検索選択

現時点での成果③ [《たぁ》4歳8ヶ月《ゆぅ》1歳10ヶ月]

英語を始めて、およそ2ヶ月。
《たぁ》の最近の進展といえば・・・
P1060541.jpg
読む仕草??

アルファベットはすっかり身に着いた《たぁ》。
毎日のように、落書き帳にアルファベットいっぱい書いて、(それがなぜ楽しいのかわからないけど^^;)どうやら楽しんでるみたいです。
それから、とあるフォニックスが学べるサイトが大好きで、ときどきやってます。
そのためか、「これはFが最初についてるから『frog』だね」と、読みを推測できるようになってる様子。

上の写真のは発話キットの歌詞カードなんだけど、歌詞が読めてる雰囲気を楽しんでる・・・
そんなところではないでしょうか。
曲を流して、こんな風に歌詞を指差しながら追っているわけです。
ま、これも読めるようになるためのスタートライン?

それから、教材パズルを楽しんでいます。
2ピースから成っていて、1つに絵があり、もう1つが英単語
1つにはカエルの絵があり、もう1つには『a frog』という感じです。
そこにある英単語は、雰囲気でわかるようになりました。
先に書いたように、Fがついてるからfrog・・・と予測できます。
このパズルで神経衰弱をして遊ぶのですが、母はマジ負けしてますから^^;

やはりパズルも読みに関するもの。
どうやら読むことに興味はあるようです。

日本語でも、やはり早い段階で読み書きを自分で勝手に覚えてしまった《たぁ》。
英語でも同じようです。
ひらがな・カタカナと同じように、私がほとんど教える必要もなくアルファベットを身に付けてしまいました。
これは《たぁ》の優れた能力だと思うので、読み書きに対する興味を大事にしてあげたい・・・
と思う私です。

「What's this?」に対して「Apple!」という答え方ならできます。
「Do you like an apple?」に対して「Yes!」なら言えます。
質問されてるということ、そのフレーズの意味はわかってるってことなんで、まぁ会話のスタートラインには立ったということでしょう。

「びわって英語で何て言うの?」って質問が出るようになりました。
・・・びわ・・・英語で^^;;;

私もがんばらないとねー(笑)
コメント(0) 

1歳10ヶ月《ゆぅ》の場合 [《たぁ》4歳8ヶ月《ゆぅ》1歳10ヶ月]

あえて英語を教え込むつもりはない、1歳10ヶ月《ゆぅ》。
《たぁ》が幼稚園に行ってる時間は、英語まったくやってないです。
《たぁ》が帰宅すればイヤでもDVD見るわけだし、4歳児以上にテレビ漬けな1歳児にするのはいやなんです^^;
じゃあCDの掛け流しは?
それも、《たぁ》よりは車に長く乗ってる分、よく聴いているわけだから、《たぁ》以上に英語させるのは・・・それより外遊びさせたい・・・って思ってしまう私^^;

うちの教材のDVDは、1歳児にはちょっと見づらい(ストーリーなので)と思うし、実際20分くらいで集中途切れて歩き回りだします。
けど、取り組みはもちろんDVDだけではないので、そこそこ英語に触れてるんじゃないかなぁ・・・どうだろ?

って感じでしたが、最近《ゆぅ》の日本語がどんどんどんどん!!出てきてます。
それにともなって、英語も。
「A apple B bear C cat・・・・・」などはもちろん、「How about you.」などリズムがいいものもまねっこ。
英語に親しみを持ちながらしゃべってるなーって感じです。

我が家のお風呂、給湯パネルに『NORITZ』って書いてあるんですが、それを見ると指差しながらABCの歌をうたいだします。
つまり、『これはアルファベットよね♪』って言いたいんじゃないかと(笑)

1歳児に英語・・・
やらせていいのかと、ふと考えることも。
ときには、数日《たぁ》とともに控えてしまうことすらあります。

我が家は田舎。
最近春めいてきてから、隣地にはつくしがいっぱい生えています。
天気がいい日は、毎日2人が大好きなつくし採り・・・もちろん毎日1品つくしの卵とじ^^;
《たぁ》はきれいなつくしを厳選して採り、はかまもぜーんぶ取り除いてきれいにしてくれます。
《ゆぅ》は・・・頭だけブチッ☆
そして、我が家の裏は山。
たけのこがそろそろ生えてきます。
今日も、旦那と《たぁ》が張り切って採りに向かいましたが、まだちょっとだけ早かった^^;
ちなみに、《たぁ》が今やりたいことは、カブトムシ(去年卵からかえって現在幼虫)の小屋を作ることです・・・やめてぇ!

おチビたち、遊ぶのにとても忙しいはずです。
いくら英語は好きでも、何よりも英語が好きだっていうわけじゃない。
つくし採りのほうが楽しいに決まってる。
たけのこ採りすることのほうが、ずっと期待してる。
カブトムシの成長も、パパとつくる小屋作りも、胸躍らせてる感覚は、英語の勉強にはないもの。

ときどき私は英語頼みになることがあって、『英語の勉強してるんだから、DVD長く観せたって、パソコンいっぱいやらせたって構わないじゃん」と思うことがあります。
英語の勉強だと思うと、罪悪感が少なくて済むし・・・
けどそれは、おチビたちにとって大事な『体験遊び』や『コミュニケーション』などの時間を削ってまで、やらせるべきことじゃないんですよねぇ。
日々の生活、疲れたら逃げ道として英語に頼りもしますが、軌道修正することを忘れずにいたいと思ってます。

なんか決意表明のような記事になってしまいました^^;
コメント(0) 

私も英語耳!? [《たぁ》4歳8ヶ月《ゆぅ》1歳10ヶ月]

お世辞にもちゃんと取り組んでるなんて言えない、我が家の英語
その割には、おチビたちの吸収はとてもいい気がします。

っていうか、幼児期ってそれだからいいってことかぁ^^;

ところで、今回はおチビたちではなく私のことですが・・・
おチビたちと英語に取り組むようになって、約2ヶ月。
私がおチビたちと足並みそろえて英語してる部分は、DVDを3割ほど鑑賞してること、歌をうたってること、車でCDを聴いてること・・・それくらいです。

昨日、ちょっとビックリしたのですが・・・
我が家はパソコンのそばにテレビがあります。
私がパソコン中は、旦那が洋画とかアメリカドラマのDVD見てることが多いのですが、おとといまで日本語吹き替えのを見てました。
昨夜どうやら新シリーズを見始めたようで、英語が耳に届いたのですが・・・

アレ?英語が聞きやすくなってる!?

意識せずに訳すってとこまではいかないけど、なんていうか・・・言葉がよく聞こえるんです。
慣れ?
よくわかりませんが、これはもしかして、おチビたちとのいいかげんな取り組みで培われたのか!?と、少々喜んでるところでーす^^
コメント(0) 

オールイングリッシュ [《たぁ》4歳8ヶ月《ゆぅ》1歳10ヶ月]

最近、ご近所さんたちは英語ブームです。

2歳になるお友達は、春から英会話教室に公民館サークルの英語あそび。
2歳半ちょっとのお友達は、WKEを受講開始。
今度年長のお友達も、春から英会話教室です。

例に漏れず、我が家も英語ですねー、あはは。
なんとなく足並み合いました。

ところで、WKE(ワールドワイドキッズイングリッシュ)の話ですが・・・
《たぁ》は、WKEは好きじゃないと言い張ってました。
でも、「《ゆぅ》が好きだから、《ゆぅ》に見せてあげるだけだから、《たぁ》観ても観なくてもいいよ」というスタンスで、DVDをかけました。
目の前でかけられたDVD、もちろん《たぁ》も観ます。

で、意地悪で「《たぁ》もMimi観てたね」っていうと、「だって、あのやつ(The vocabulary show)がおもしろすぎるんよ。あれが好きなんよ」って。
ま、実際どれがどの程度好きなのかわかりませんが、最初はこんな感じでした。

・・・ところが3日目にして、自分からWKE観たいと言うまでにハマってます。
WKEのお試しDVDを何度もきっちり観たうえで、イマイチという判断をしていた《たぁ》。
それがなぜ今さらハマる?

多分それは、今は英語に興味を持つようになってるからだと思います。
お試しを観てた時点では、
『なんだかさっぱりわからない言葉が流れて意味不明』
だったのかなぁと。
WKEはオールイングリッシュですから。

でも、我が家の教材『イングリッシュタイム』もオールイングリッシュです。
ただこちらはストーリー仕立てのため、そのストーリー展開への興味を持つことによって、最初からオールイングリッシュでも受け入れることができたのでしょうか。

ま、真相はわかりませんが、《たぁ》はオールイングリッシュを受け入れることができました。

私は教材を検討中、英語に触れさせるならオールイングリッシュがいいと思ってましたが、4歳半の子ってかなりビミョー・・・
っていうか、もう遅いと思ってました。
これにはかなり個人差があるのかと思います。

最初は日本語での意味の説明を求めてきました。
いくらかのセンテンスは訳してあげます。
でも、だんだん要約でいいようになり、最近はほとんど訳さなくても観てくれます。
《たぁ》が自分で訳せるようになった・・・なーんてはずはありません(笑)
英語が耳になじんできたために、母国語のように流して聞くことができるようになったんでしょう。

WKEで流れる「What a wonderful day~♪」って歌、フルコーラス歌うようになりました。
お試しで聴いてたときには歌わなかったのに、ここにきて一気に歌うようになったのは、興味の表れかな!?
コメント(0) 

ベネッセの教材 [《たぁ》4歳8ヶ月《ゆぅ》1歳10ヶ月]

幼児子ども英語に触れさせたくて教材を選んでいる人が、必ず一度は目にする教材・・・

ベネッセの英語教材・ワールドワイドキッズイングリッシュ(WKE)

我が家でも資料請求したりして、検討しました。
《ゆぅ》はキャラクターに夢中!
とても反応がよかったのですが・・・
《たぁ》には不評。。。
やはり4歳半くらいの男の子には、ちょっとムリがあるのかなぁ?

そのWKEのDVDを、このたびお借りすることができました。
現在我が家で使っている教材・イングリッシュタイムは、《たぁ》に合わせて選んだもの。
《ゆぅ》にも、機会あればWKEを見せてあげたかったんですよねーー。

このふたつの教材、まったく趣向を異にしてるように思います。
同じ部分は、オールイングリッシュで構成されているところ。
それくらい?^^;

WKEのDVDは、3分程度の短いコンテンツがたくさん入って構成されています。
幼児の飽きやすさをふまえたつくりなんでしょうか。
いろんなバリエーションで幼児の心を引きつけているような印象です。

そのため、4歳過ぎてくるとだんだんストーリー物に興味を持ってくるので、ストーリーの楽しみが少ないWKEは低年齢対象になってくるんでしょう。
《たぁ》に不評の理由は、キャラよりこちらの問題なんだろうと感じました。

あ、でも《たぁ》もしっかり借りたDVD観てますよ。
オールイングリッシュに対する抵抗はないので、英語に対する興味のほうが勝ってます。

《たぁ》には、まだ受け付けるうちにぜひこのWKEを観てもらいたいと思ってます。
今の教材、《たぁ》はとても好きで愛用してますが、同じキャラクターたちがストーリーを展開するシンプルな構成のため、WKEに出てくるような『ワールドワイド』な雰囲気・・・世界のお友達がどんな生活を送っているだとか、世界のいろんな映像だとか・・・そういった種類のことにあまり触れられていないようです。
いいとこどりで、楽しんでもらいたいな。
コメント(0) 

現時点での成果② [《たぁ》4歳7ヶ月《ゆぅ》1歳9ヶ月]

英語をスタートさせて1ヶ月ほど。
さて、成果は?

のどかに取り組んでます。
DVDを観ること、車内でCDを聴くこと、CD-ROMのゲームをすること・・・
ときどきABCのワーク(のコピー)をテーブルに置いておくと、喜んでやってます。
日常のところどころで英語ネタ。
気づけば英語の歌。

生活に溶け込んできてはいます。
今はこれでいいのかな。

ところで、《ゆぅ》は、DVD観ながらよくマネしてしゃべってます(アルファベットとか単語)。
まだ日本語もたどたどしくて、「たまご」は「あなも」って感じの発音になるのに(私以外は誰も理解できない^^;)、英語は「apple」「bear」「cat」「dog」・・・ちょっとあやしくても日本語よりは言葉になってるような?
「りんご」「ねこ」「いぬ」は、日本語だとまったく言えてません。(ねこ→にゃー・いぬ→わんわん)
かろうじて「くま」を「ま」って言ってますが、そんなレベルの日本語。
もしかして英語って《ゆぅ》くらいの子が発しやすい音が多い??

思ったより、2人とも覚えてます。
今はただ丸暗記してるだけですけどね。
それでも、これだけのゆる~い取り組みで、英語と十分に馴染めるもんなんですね。

英語という存在があるおかげで、育児がちょびっとラクです。
やっぱり、子供とずっと一緒にいる母親ってのは、日々の遊びネタに困りますからねぇ(笑)
そんなとき、今はとても食いつきのいい英語遊びがあるので助かってます。

ちなみに・・・
P1060247.jpg
ある日、らくがき帳の隅っこに私が何の気なくアルファベット書いてたら、そのあと《たぁ》がアルファベットポスターを見ながらひたすら↑書いてました。
わざわざワークさせなくていいかも^^;
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。