So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年02月 |2010年03月 ブログトップ
前の10件 | -

聞き流しって難しい!? [《たぁ》4歳7ヶ月《ゆぅ》1歳9ヶ月]

英語習得に効果的と言われてる(?)英語の聞き流しですが、我が家ではほとんどしてません。

なんていうか・・・

できないんです^^;


2つ理由があって、ひとつは《たぁ》の性格のせい!?
もうひとつは、ママの性格のせいでしょうか。


《たぁ》は、性格的に『聞き流せない』タイプです。
テレビの前でダラダラ見ながら遊ぶってことはせず、いつもテレビに集中。
寝るとき絵本読みをしてもらいながら眠っちゃうってことはありえなくて、どんなに眠たくても話が続く限りいつまでも聞く子です^^;
そんな《たぁ》だから、英語を流しておくと、どうやら気になって集中して聴いてしまうみたい。
他のことをしたくなると、気になるから「消して」ってことになっちゃうわけです。

それから、もうひとつの理由。
絵本好きなおチビたちですが、私は英語が流れてるとこで絵本を読んでやることが、どうしても気持ち悪くてできないんです。
絵本を持ってきたときには読んでやりたいけど、そのためにCDを消しに行くのは面倒^^;
それに、消したらそのままになって、ほとんど聞き流せず終わっちゃいます。


英語の聞き流しについては、どうしていこうか検討中です。
ただ、《たぁ》がこんなだから、聞き流しではなく集中して聴くことで吸収する方向性しかないのかも~^^;
コメント(0) 

風邪のおかげ? [《たぁ》4歳7ヶ月《ゆぅ》1歳9ヶ月]

我が家はみな風邪引き^^;
特に、熱を出しやすい《たぁ》はひどく、最初の発熱から10日経ちましたが、まだ高熱が引いてません。。。

幼稚園はもちろん欠席です。
そうすると必然的に・・・
テレビの視聴時間が長くなりまーす。

私も結構な熱を出して、まだ微熱続いてるのにおチビたちの世話・・・
テレビ頼みです(笑)

おチビたちは、ラッキーとばかりにテレビを観ます。
我が家はキホンNHK子供番組、あとはもちろん英語ですね。
DVDを3本解禁してますが、ほぼ毎日のように朝昼夕で3本観てたかも^^;

そして、2日に1度小児科に通ってます。
《たぁ》は、前述のとおり体が弱い?子なんで、小児科は何件も通って選びました。
選んだ小児科は、車で20分ほどはかかるとこ。
その間、英語のCDをみっちり聴きます。
もちろん往復。

私はおチビたちをあまり英語漬けにするつもりはないのですが、これくらいだと英語漬けと言ってもいいくらいでしょうか!?

おチビたちは、とても楽しんでます。
CDでも、不思議と十分よろこんで聴いてます。
ときどき反応があるので、聴いてることは間違いないです。
ふーむ。
CDは聞き流しのためにあるかと思っていたけど、楽しめるものみたいです。

ひとまず教材さまさま^^

ただ、《たぁ》の熱・・・いつまで続くのやら。
英語はできても、やっぱり不健康な生活はいやだなぁ^^;
コメント(0) 

現時点の成果① [《たぁ》4歳7ヶ月《ゆぅ》1歳9ヶ月]

英語学習を始めて半月ほど。
さて、現在の成果は!?

《たぁ》も《ゆぅ》も、英語が大好き!
教材にも今んとこ夢中で、2人で「ZIng!ZIng!!(←キャラクターの名前)」とDVDの催促。
車の中で聴くCDも、これをかけておかないと怒ります。
まぁ、導入としてはいい状態かな。

全体的な成果としては、《たぁ》はいくつかの暗記したフレーズを口にしています。
「What's your name?」の質問に対して、抵抗なく「My name is ○○」と言えてます。
おりがみ大好きな《たぁ》ですが、色はおもしろがって英語で言ってます。
1~10の英語は、たとえば『5=five』ってことは瞬間的にわかる・・・つまり身についているようです。

このへんは、今視聴してる1枚目のDVD(レベル1)の内容を、確実に吸収してるように思われます。

アルファベットの大文字はもともと読めてましたが、小文字はまったく知りませんでした。
これは今もまだ身についたとは言えません。
ただ、ちょっと考えればほぼわかるくらいにはなってます。

まずまずの成果じゃないのかな^^
コメント(0) 

ママも一緒に② [英語について思うこと]

幼児英語教材、あなどれないと思います。
これだけ身につければ、ネイティブ小学生との会話に困ることはないってこと。
身につくかはさておき^^;

子供が会話に困らないレベルってことなら、大人だって一応困らないってことでしょう。
小学生レベルで十分です。
基本的な会話の構成力さえ身につけばいいんです。
それこそ、私が英会話学習に求めるもの。

あとはリスニング
これは子供に負けるに決まってます。
でも、子供と一緒に聞いていれば、それなりの耳はできることでしょう。
それに一応、これも度胸で乗り越える術は学んでるので大丈夫(笑)

なーんだ、私には幼児英語教材がピッタリじゃん!
と思わずにはいられないくらい!?
コメント(2) 

ママも一緒に① [英語について思うこと]

おチビたちに英語をやらせようと思ったとき、家庭学習しか考えませんでした。
その理由は、私も一緒に英語に触れていたかったからです。

私は海外旅行が好きで、ワーキングホリディにも行ったことがあります。
けど英会話全然だめ^^;
経験値アップのおかげで何とかコミュニケーションとってましたが・・・度胸のみ?コツのみ?

こんな私の勉強のために、幼児英語教材はピッタリなんじゃないのーー(笑)
いや、冗談抜きで。

これでも私、センター試験の平均点くらいは一応とってたんですけどね。。。
学校英語がいかに実践的ではないかってことでしょうか??

まぁそんな私ですが、育児の傍ら細々と仕事しています。
現在は内職状態ですが、今後は海外向け(もしくは海外の人向け)の仕事を任せてもらえそうです。
ただそれは、子供の手がそれなりに離れてからでいいってことで、今すぐどうこうって話ではありません。
もちろん仕事で英語を使うわけじゃないけど、使う場はあると思うので、英語でコミュニケーションとれたら楽しいかなーって。
子育てしながら英語しとけばちょうどいいじゃーん!
時期が来たころに、それなりの英語のカンがついてればオッケー!
度胸発揮の仕方は覚えてますから(笑)
コメント(0) 

教材選び [英語教材]

かくして教材選びがはじまりました。

いくつかのサンプル取り寄せ子供の反応を見ます。

何歳くらいまで使えそうか
到達点はどの程度か
価格は?

我が家で選んだのは、『イングリッシュタイム』という教材です。
・・・・・・・・・・
御存じの方がどれほどいるんでしょう。
日本ではあまり普及してないようなので、購入するのに勇気が必要でした^^;

『イングリッシュタイム』について、簡単に説明しておきます。

この教材は、タイムライフ社という、雑誌『TIME』が有名で、英語教材にも定評がある世界的ブランドの製品です。
アフターサポートとして、オンラインテストや英国立大学公認の修了証書が発行されるなどがあります。
到達点は、日本で有名なディズニーの教材と同レベルだそう。
一貫してオリジナルで開発・設計されているため、シンプルで無駄のない学習が可能。
幼児期の親子学習だけでなく、CD-ROMによる自主学習に対応しているため、12歳ごろまで活用できるそう。
英語を母国語としないアジア圏の子供たちのために開発された教材。

おおざっぱですが、こんな感じです。
『子供の教材を宣伝やイメージで売るようなことはしたくない』というタイムライフ社の意向があるようで、日本で知ってる人は多くないでしょう。
他のアジアの国では、けっこう普及してるかのようですが・・・
日本では宣伝されてる教材が多いため、宣伝ナシじゃ目にも留まらないんでしょうかね^^;

とはいっても、それが理由で普及してないだけじゃなくて、何かワケアリ??
という不安も、なきにしもあらず。
一番の不安は、タイムライフ社のアジア本部は香港なのですが、メイドインチャイナなことかなぁ^^;
やっぱり日本製の安心感はないのかも。。。

そして・・・不安的中。
初期不良発生です。
返品・交換は迅速に対応していただけましたが・・・^^;

ただ、教材としての内容は、思っていたとおりいい感じです。
子供たちはすっかり夢中!

この教材については、今のとこ人様にあえてオススメするつもりはありせん。
オススメじゃないわけでもないのですが・・・
今後次第でしょう。

『イングリッシュタイム』について調べたいと思って検索をかけても、あまりヒットしません。
それが普及の度合いを表してるってことでしょうけど^^;
その分、このページがヒットする可能性も高くなるわけで・・・
そのため、ここでは教材についての個人的な見解を載せているものとしてご理解いただきたいということを、あらかじめ申し上げておきます。

我が子たちは、この教材を通して英語を学んでいくことになるわけです。
さーて、どうなってくか楽しみ!
コメント(0) 

どうやって学ぼう? [教材購入までの道のり]

幼児英語を学ばせようとするとき、いくらか選択肢があります。
一般的には、

 英会話教室
 英語教材
 プリスクール

でしょうか?

我が家では、英語教材しか考えませんでした。

《たぁ》に一番向いているのが教材だと思ったのがひとつめ。
《ゆぅ》もいるから、経済的だと思ったのがふたつめ。
私も一緒にやりたいからってのがみっつめ。
普段の子育てに取り込めば、習得できる可能性もけっこう高いと思ったのがよっつめの理由。

英会話教室は、アウトプットにいいと考えます。
プリスクールは、経済的なこともあるし、やはり特殊な環境だろうと思います。

かくして英語教材を選ぶことに。

教材選び・・・
これについては次回。
コメント(0) 

なぜ英語? [英語について思うこと]

なぜ英語

子供が大きくなるころには、今よりもっと英語が必須でしょう。
でも日本の学校英語を学んだところで、ホント驚くほどしゃべれなーい!
(これはもちろん私の場合ですが、多くの人が同意するんでは??)
学校では英会話は学べないので、どこかで学ばないと。

今後アジアは世界の中心のひとつになってくるでしょう。
なのに日本はアジアの中でも英語力は最低レベル。
ニュージーランドにワーキングホリディに行ってたとき、語学学校でそれを目の当たりにしました。
日本でも昨今は英会話ブーム?(昔よりかは?)ですが、他のアジアの国はこんなもんじゃありませんからねー。
日本の英語力、本当に底上げしていかないと世界から取り残されそうな予感^^;

まぁ、こんな世界の大層な話はさておきとしても・・・
やっぱり、どこでも自分らしく堂々としていたいものです。
英語が話せなくて縮こまるような経験や、しゃべれないために子供相手みたいに対応されるのはいやです。

身に覚えがたーっくさんあるだけに^^;子供たちには英語を話すことに抵抗がないようになってもらえたらと思うわけです。
あとは、私が自分のためにやりたいってのがあるんで、英語学習を取り込んだ時間を、親子で楽しく過ごしていければいいかな!

英語を始めるきっかけ [英語について思うこと]

私は、つい先日まで子供英語をさせようと考えてきたことはなかったんです。
ところが最近、ちょっとしたきっかけがありました。

 《たぁ》の友達数人が、英会話教室やプリスクールに行くって話を、ここんとこ一気に聞いた
 実家の親から、習い事費用として資金提供があった
 私は、ほぼ休止中だけど仕事持ってて、今後海外(もしくは海外の人)向けの仕事の話がある

・・・とまぁ、こんな感じです。
これだけのことがあったために、やっぱりちょっと考えるわけで。

考えるとやっぱり、英語をスタートさせたくなりました。
少しでも苦労しない方法で、子供が英語で困らないようにしてあげられるなら・・・
まぁ安易ですが^^;そう思うわけです。

ってなわけで、勢いも手伝って英語開始!

英語のスタート時期は・・・ [英語について思うこと]

《たぁ》は4歳半。
《ゆぅ》は1歳8ヶ月。
英語を始めるには、早いんでしょうか?遅いんでしょうか?

これについては、いろんな考え方があると思います。
人それぞれ目的も目標も違うから。

私は、《たぁ》の様子を見てみる限り、まぁこれくらいのスタートでよかったのかな?と思ってます。
逆にいうと、《ゆぅ》には早すぎかも?
・・・どうなんでしょうねぇ?

ただ、幼児期の子供にまず大切なこと。
それはやっぱり『健全な体と心をはぐくむこと』!
さらに、英語よりも母国語の獲得が重要です。

それを踏まえたうえで、英語をバランスよく進めていかないといけないですよね。
没頭しすぎる傾向のある私だけに、ここで宣言しておきまーす(笑)
前の10件 | -
-|2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。