So-net無料ブログ作成

《ゆぅ》英語講座にて [《たぁ》5歳9ヶ月《ゆぅ》2歳11ヶ月]

《ゆぅ》は、公民館の幼児英語講座に行っています。
講座は半年で7回が1クール。
前クールも受講したので、現在計10回ほど参加させてもらってます。

その講座を、すっかり楽しむようになった《ゆぅ》。
最初に行ったときはまだ1歳台でしたが、今は先生の指示にもかなりきちんと反応できるお年頃になりました。

講座では、いろんな英語遊びをテンポよく楽しませてもらってる感じなのですが、毎度自己紹介みたいなことをします。
先生が、子どもにボールを転がしながら「What's your name?」。
子どもが、先生にボールを返しながら「My name is ○○.」とお返事。
そして何か質問にひとつ答えます。

名前を聞かれ、返事をするときのこと。
《ゆぅ》は、「○○ちゃん!」・・・と自分の名前だけ言うことが多いです。
でもま、年齢的にはこれで十分かなーと思ってました。

でも、先日のこと。
いつものように
「What's your name?」
と先生。
すると《ゆぅ》は、
「I am ○○.」
とお返事。

あれ?
あれれ?

決まりきった「My name is ○○.」のフレーズを使わず、「I am ○○.」ときました。

これはある意味、応用がきいているということ?
英語教室だけで教わってる子なら、教わったとおりの「My name is ○○.」しか使わないと思われます。
あの場で「I am ○○.」という言い方が出てきた《ゆぅ》に、ちょっと驚いた母でした。

しかも、ちょっとおもしろいなーと思ったのが、、「I am ○○.」で答えたときは『ちゃん』付けしませんでした。
英語の場合は『ちゃん』付けしないというルールを、自分なりに身につけているのでしょうか。

まだまだ宇宙人だなぁと思っていた《ゆぅ》も、3歳を迎えてちょっぴりシッカリ??
さて、黄金期に突入でーす!
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。