So-net無料ブログ作成
検索選択

Picture dictionary [《たぁ》5歳6ヶ月《ゆぅ》2歳8ヶ月]

我が家でも、英語Picture dictionaryを購入。
これ結構遊べますね。
絵探しになっているタイプのものなので、最近絵探しにハマっているおチビたちにピッタリでした。
ただ語彙を増やすには・・・母の発音が^^;
まぁ、我が家ではお遊びアイテムですからいいです。
ページを眺め、何気なく英単語に触れてくれていれば、それでよし。

さて、《ゆぅ》の英語しゃべりがすごいことになっています。
いや、デタラメですよ、でもまぁよく英語モード・・・家も外も問わずです、はい。

いや、デタラメと思っていたんだけど、結構それなりに理解を伴っていることも、最近発見。

たとえば、自分の食べ物を指して
「It's mine.」
ママのを指差して
「It's yours.」

正しいじゃん。

そこで
「Is It mine?」
と、私が《ゆぅ》のものを指すと
「No! It's mine!」

うむ、正解。

I like ○○○.
What's this? It's ○○○.
など、いくらかのフレーズに単語を入れ替えて会話に使うことは、もう日常なのですが、ちょっとひねったやりとりでも理解を伴っているようです。

でも、あれだけベラベラしゃべってるくせに、実はきっちりとした文章はどれだけあるのって話ですが^^;

5歳《たぁ》と2歳《ゆぅ》、やはり年齢的に理解力に優れる《たぁ》のほうが、よく英語をわかっているなぁとは感じます。
完全右脳英語《ゆぅ》に対して、一部左脳英語《たぁ》という図式でしょうか。
日本語でも、まだ《ゆぅ》は「あげる」「くれる」「もらう」あたりの日本語は混乱した文章です。
「ママが《ゆぅ》に、これもらったんよ・・・あれ?これ《ゆぅ》にくれたんよ、だよねぇ!」なんてひとりツッコミしてますが。
おぼつかない日本語と同じく、英語がキッチリなはずないわけですよね。

2人ともまだとても素直に英語が耳に届く時期。
その、幼児期ならではの恩恵をしっかり拝借したいところです。

さて、Picture dictionary なんてのは、本当はお勉強アイテム。
でもそれをお勉強とせず、どれだけお遊びアイテムとして活用できるかということこそ、私の腕の見せどころ(?)です。
幼児期にPicture dictionary を使う価値は、絵と音と文字を結びつけることで、意味を把握しイメージ(図像)として脳裏に焼き付けることができることにあると思っています。
だから、とにかくページを開いてくれることが大事。
まだ英単語を見たところで「?」でも、音も聴かずに絵だけマッチングさせる遊び要素だけでもよくて、ただその絵の場面だけを隅々まで(図像として)記憶されたらいいなぁと思うわけです。
ある日突然、英単語と絵が結びつく発見をし、いずれ効果が目に見えてくるでしょう。
なので、あえて絵は実写的で細かい描写がされているタイプのものを選びました。
絵は幼児向けではなく、大人向けの雰囲気を醸しているのですが、実におチビたちの反応はいいです。

しかし、このPicture dictionary も第2版が出ているのですが、CG化されてしまっています。
『Let's Go』も第3版からCGになってしまったので、アナログ版を好む私は、オークションをこれからも愛用していくことになりそうです。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。